交際相手のアダ名をうっかりしゃべらない様に気を付ける

MENU

交際相手の呼び名に気を付ける

スポンサーリンク

 

普通自分の恋人のことを呼ぶとき、下の名前などの「呼び名」で呼ぶことが多いですよね?
出会った時は恐らく苗字で呼び合っていたと思いますが、付き合い出すとそれぞれが呼び名で呼ぶようになることが多いと思います。

 

 

交際相手が同じ会社の人の場合ではどうでしょうか。
会社ですから普段から勿論苗字で呼んでいるでしょう。

 

役職がある立場の人なら、役職付きで呼ばなければいけない会社も多いですよね。

 

でも会社では苗字で呼んでいても、プライベートでは呼び名を使っているというカップルが多いのでないでしょうか?
公私の線引きが出来ていて、メリハリがあってとてもいいことです。

 

 

社内恋愛を他の社員に知られたく無い場合は「あの2人つきあってるのかな?」というような疑われてしまう素振りをなるべく見せないことが重要なポイントです。

 

でも社内恋愛も何事もなく順調に続けていると、ついうっかりしてしまうこともあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

例えば交際相手を含む数人で仕事の打ち合わせをしているとしましょう。
すると打ち合わせにだんだん熱が入って議論を激しく交わしあっているうちに、ついポロっと呼び名で呼んでしまうということもあります。

 

それを聞いていた周囲の社員は一瞬「??」となるでしょうが、すぐに、あぁこの2人そういう関係かとバレてしまうでしょう。

 

 

普段は職場では皆が苗字で呼ぶのが当たり前なので、自分たちもそんなに気を張らなくてもボロが出ることはないでしょう。
でも何かに凄く集中して没頭している時や、上記のように気持ちが高ぶっている時は、いつもの習慣がつい出てしまうことがあります。

 

 

ですので会社では色々なシチュエーションがあるとは思いますが、社内で交際相手と話している時は恋人ではなく「会社の人」という意識を強く持って接することが大事なのではないでしょうか。

 

そうは言っても2人になればやっぱり、つい呼び名が出てしまうこともありますよね。

 

他の社員に偶然に聞かれてしまう可能性もありますので、必要な仕事の時以外は接触を避けた方が無難だと思います。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク