職場の好きな人に好感、好印象を与える飲み会での行動

MENU

職場の好きな人に好感、好印象を与える飲み会での行動

スポンサーリンク

宴会はコミュニケーションに最適の場。
でも反面、失敗したら怖いことにもなりかねません。
その場に好きな人がいたらなおさらです!
飲み会で好感度を上げる行動をご紹介します!

 

 

乾杯編

ビールが飲めないからと、はじめにカクテルを注文してしまうのは好感度ダウン。
というのも、乾杯は全員が揃ってからする場合が多いですよね。
その時に違うものを注文していると、その人待ちになってしまうことがあるからなのです。
「空気が読めないな〜」と苛つかせてしまう可能性も。
たとえ苦手でも、最初の一杯はビールなど、皆に合わせるのが正解です。
「乾杯」とグラスを合わせる時は、なるべく全員と乾杯しようとするのも好感度アップ。
協調性のある女性は評価が高くなります。

 

 

宴会中盤編

「食べ物を取りわける」「グラスが空いたら注文してくれる」など、気の利く人は好まれるもの。
しかしさらに好印象を与えるのが「上司の相手をしている」ということなのです。
酔っているときは、自分のことで精一杯になりがち。
そんな時、上司に対して礼儀を忘れない姿はかなりポイントアップです。

 

気になるお相手がお酒好きな場合、同じお酒を一緒に飲むのも良いでしょう。
彼がビールから日本酒に切り替えたら、「私も!」と立候補。
男性は一緒にお酒を飲める女性が嫌いではありません。
お酒を楽しめるようなら、別の機会に誘ってもらいやすくもなりますね。
ただし、下戸の人は注意が必要です。

 

 

宴もたけなわ編

宴会が終わりになる頃、皆が酔っています。
この時は好感度を上げる絶好のチャンス。
とくに、幹事さんを手助けする姿に感動する男性が多いようです。
帰り際に忘れ物がないかチェックしたり、終電などの時間を確認しておいて教えてあげたり。
二次会の人数をまとめたりするのも良いですね。
どれも自分が酔い潰れてしまっていては出来ないこと。
ですから「お酒に飲まれない」というのが最大のポイントです。

 

 

おわりに

「全体の雰囲気を壊さない」というのは必須です。
あなたのやり方次第では、彼から「二人きり」のお誘いがあるかもしれませんよ!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク