社内に付き合いを公表するメリットとデメリット

MENU

付き合いを公表するメリットとデメリット

スポンサーリンク

 

社内恋愛をしている場合、多くのカップルがしばらくの間は周囲に付き合っていることを黙っているのでなないでしょうか。
付き合ってまだ間がない頃は特に、この先どうなるかわからないししばらく様子を見てからにしようという理由からでしょう。

 

しかし会社側からしてみれば今時のことなので特殊な職業を除いては、社内恋愛禁止!などという規則が無い会社がほとんどでしょうから別に隠していないで堂々と付き合ってくれてもいいわけで、周囲に公表するかしないかは本人たちの考えによるところなのです。

 

 

 

周囲にオープンにしたことで、周りも逆に変に気を遣うことが無くなって仕事がやりやすくなったり、頼みごとがし易くなったりというメリットもあります。
反対に公表したことにより周囲から疎ましい目で見られたり、その相手に好意を持っていた異性がいた場合などは、陰で悪口をたたかれたり時には嫌がらせを受けたりすることもあるかもしれません。

 

しかし本人たちがそういった周囲の状況に振り回させれること無く毅然とした態度で変わらずに仕事に集中出来るのなら、会社側としては別段問題はないのです。

スポンサーリンク

 

ただ現実にはやはり付き合いを公表することは会社にとってデメリットの方が目立ってしまうのかもしれません。
本人たちは今までと何も変わらず職務を全うしていても、周囲の人間が乱れてしまうこともあるからです。

 

上でも少し触れましたが相手に好意を持っている人が居たとしたらどうなるでしょうか?
いくら仕事だと割り切っていても片思いをしている人はとても辛い状況の中で毎日一緒に仕事をすることを強いられるのです。

 

もしかしたらその事が原因で仕事に集中できず大きな失敗をしてしまうかもしれませんし、あまりにもショックが大きい場合はしばらくの間休ませてくれと言ったり、他の部署への異動を願い出るかも知れません。

 

そうなると会社側としては色々と不都合が出てきますので、いくら個人の自由といっても2人の付き合いを快くは思わないでしょう。
利益をもたらしてこその会社ですので、マイナスになることはできるだけ回避したいと思うのが会社の本音だということをしっかりと押さえておきましょう。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク