面識の無い社内の人に告白された時は情報収集

MENU

面識の無い社内の人に告白された時は情報収集

スポンサーリンク

 

会社で働いていると規模にもよりますが、毎日よく話をする人もいればあまり喋ったこと無いな~って人もいると思います。

 

そこそこ大きい会社で人が多ければ、自分が配属されている部署の人とは毎日顔を合わせて仕事するので勿論たくさん話す機会がありますが、あまり関わりの無い部署の人達とはそんなに話す機会も無ければ顔と名前が一致しないなんてこともあるかも知れませんよね。

 

規模が小さく少人数の会社でも、頻繁に関わりのある人とそうでない人とがいると思います。

 

 

同じ社内の人から告白されることは珍しくもないですが、その相手がほとんど面識の無い人やあまり良く知らない人だったらあなたはどう思うでしょうか。

 

何の前触れも無く急なことでまずは本当に驚いてしまいますよね。

 

普通は同じ部署などで関わりがありお互い顔見知りで、性格なんかもだいたいわかっている状態なら、「この人自分に好意を持ってるかも」と何となく雰囲気で伝わってくるものなのですが、そういう態度が全く見えなかった人からの告白は正に寝耳に水状態でビックリしてしまうことでしょう。

スポンサーリンク

 

そういった場合すぐにお付き合いを承諾する人はまず少ないと思います。
やはりあまり良く知らないのにいきなり付き合うのは抵抗がありますよね。

 

だからと言ってすぐにお断りする理由もないとは思いますので、ちょっと気になるのであればその人のことを良く知る同じ部署の人とかにさりげなくどんな人なのか聞いてみたら良いと思います。

 

どんな仕事をしていて社内や取引先の人たちの評判はどうなのか、またその相手が男性の場合は女性からの評判も是非聞いておきたいところです。

 

 

女性は社内の男性のことをとても細かい所までよく見ていますので、女性ウケがいいのか悪いのかだけでも情報を得ることができればだいたいどんな人なのか当てを付けることができると思います。

 

同じ会社の社員なのでまぁ身元もわかっているしややこしい人ではないと判断できますが、だからと言ってその人の人格まで保証して会社も雇ってるわけではありません。

 

ですので社内だからと安心せずに、なんの前触れもなく告白された場合は自分で出来る範囲でどんな人なのか探ってみた方が賢明です。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク