社内の興味の無い同僚が送ってくる視線が気になる

MENU

社内の興味の無い同僚が送ってくる視線が気になる

スポンサーリンク

 

社内で仕事をしている時は誰でも自分の作業に集中しているものですよね?

 

営業の人だったら大切な案件の打ち合わせだったり、事務方だったらパソコン入力や電話応対、細かい書類の作成など各自がそれぞれ集中して取り組んでいることと思います。

 

そんな中たまたま椅子から立ち上がった時や後ろの物を取ろうと思って振り向いた時などに他の人と目が合う事ってあると思います。
そんなのよくある事だし普通なら特に何も気にならないですが、それが結構頻繁にあったらどうでしょう。

 

 

同じ社内で、気づいたら何となくいつも目が合う人がいたらちょっと戸惑ってしまいますよね?
その人の視線が気になって、こちらも決して気があるわけではないのに「また自分のこと見てる気がするんだけど・・・」と思ってちょくちょくその人のことを自分も見てしまったり。

 

 

その相手が自分が密かにいいな~と好意を抱いている人なら、勿論とっても嬉しいのでこちらからもどんどん視線を送ってアピールしたいところですが、さほど気にならない相手だとどうしたものかと対処に困ってしまいます。

 

ましてやその相手が全く自分の恋愛対象ではない年齢の人だったり、普段からあまり好きじゃないな~と思っている人なら、あまりにも視線を感じると嫌悪感さえ抱いてしまいます。

スポンサーリンク

 

するとこちら側としてもだんだんと相手に対して嫌な態度をとってしまう様になります。
例えば呼ばれても聞こえないフリ、仕事に集中してるフリなどをして返事をしないなどです。

 

自分に気があるのかどうかわかりませんが、何か言いたい事があるならハッキリと言えばいいのにいつもチラチラ見られていては気持ち悪いし無視したくなるのも当然ですよね。

 

でもだからと言ってあまりにも相手を邪険に扱うと、その人が自分の上司だったりした場合は仕事に支障をきたしますし、ヘタをすれば会社に居づらくなる可能性だってあります。

 

 

自分が気になる相手ではないのなら放っておくのが一番の対処法です。

 

嫌だから見ないで!という意味で目線を送ったとしても相手が勘違いしてますます視線を送ってくることも考えられますので、見られてると感じても絶対に振り向かずに黙々と仕事をするのです。

 

そうすれば相手も自分に脈が無いことを認識できるはずです。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク