食事に行くは女性の社交辞令?言葉より態度で観察する!

MENU

食事に行くは女性の社交辞令?言葉より態度で観察する!

スポンサーリンク

 

同じ職場でいつも気になっているあの女性、一度声を掛けて食事にでも誘ってみたいけどどうすればいいのかよく分からない・・・
こんな悩みを抱えている男性は多いことと思います。

 

職種にもよるとは思いますが、一般的に男性は営業に出かけて仕事をして、女性は社内で経理や営業事務といった仕事をこなして営業マンのサポートをするといった形態が多いと思います。

 

こういった場合女性のサポートが男性の仕事の出来具合に大きく関わってくることが多いため、男性は女性の機嫌を損ねたりしないように結構気を遣って女性社員に接しているのです。。

 

 

ですので恋愛に関しても同じで、社内に気になる女性がいてもアタックするには少し慎重にならざるを得ないのが現実です。

 

自分にそんなに好意を持っていない女性を食事に誘ったりアタックしても気を悪くして仕事に影響しかねないので、まずは自分に興味を持っているかどうか見極める必要があります。

 

スポンサーリンク

 

女性がちょっと仕事で困ったことがあってそれを手伝ってあげたとして、その女性が「有難うございます。とっても助かりました!今度お礼にお食事でもご馳走しますよ!」と言うこともあると思います。

 

それを聞いて「やった!この人のこと前から気になってたんだ。これを機会に2人の距離がグッと縮まればいいな」などと思いを巡らせるかも知れませんが、こういった場合の女性の言葉はほとんどがいわゆる「社交辞令」というやつで社内恋愛には発展しません。

 

特に普段女性とあまり関わりのない男性の場合、こういう言葉を掛けられると嬉しくて食事に誘うと本当に一緒に行ってくれると思いがちですがそんな事は少ないでしょう。

 

 

女性は仕事を手伝ってくれた相手に感謝の気持ちを述べているだけであって、例えそれが「食事にいきましょうね」でも本心ではないので決して鵜呑みにしてはいけないのです。

 

男性と比べて女性の方が口が上手いので、自分に気があるかどうかを判断するには「言葉」ではなく「態度」をよく見る必要があります。

 

どんな時に自分に優しくしてくれるか、自分と接している時の女性の表情はどうかなどを観察すれば意外と分かり易いものです。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク