好きな人と親しくなるため飲み会の幹事を引き受けてみる

MENU

好きな人と親しくなるため飲み会の幹事を引き受けてみる

スポンサーリンク

 

社内で気になる人ができたら何とかして親しくなりたいと誰もが思いますよね?

 

その相手が同じ部署の人だったり、自分の仕事と関わりのある人なら近づけるチャンスは頻繁にあるかも知れませんが、そうではない場合はちょっと難しいかもしれません。

 

意中の相手と親しい人に頼んで、仲良くなれる様にセッティングしてもらうのも良いかも知れませんがそういう人が居ない時もありますよね。

 

会社と言えば勿論仕事をするところですが、その他にも年間を通して色々と催し事があることも多いのではないでしょうか。

 

お花見やゴルフコンペ、新入社員の歓迎会や暑気払いなどの飲み会もありますよね。

 

 

そこでこういった飲み会などの幹事を引き受けてみてはどうでしょうか?
幹事と聞いただけで「わ~、なんか色々と面倒くさそう」と敬遠してしまうかも知れませんが、色々な人と関わりを作る機会がたくさん有ります。
各部署の参加人数の確認、参加費の徴収などで自分から足を運んで意中の人と直接会話することもできます。

 

 

ゴルフをする人はとっても多いですので、コンペなどの大々的なものでなくても少人数で参加者を募って色々と計画を進めていけば、気になる相手と個人的に仲良くなる可能性もグッと上がるのではないでしょうか。

 

そういう場所だと、普段あまり顔を合わすことがない人とでも、自然と気軽に話ができてしまうものです。

スポンサーリンク

 

また飲み会などでは程よくお酒も入るため、普段会社で見る顔とはまた違った相手を見れるので、意外な一面を発見できたりして嬉しいものです。

 

そんなに話した事がない相手でも、お酒の力をちょっと拝借してこちらの方からアプローチを仕掛けることもできます。
ただ注意しないといけないのは、嬉しいあまり飲みすぎてしまって自分が酔っ払ってしまわないようにしましょう。

 

このように飲み会などの和気あいあいと盛り上がれる行事を企画すると近づけるチャンスがたくさんあると思います。

 

幹事はちょっと面倒ではありますが、邪魔くさがらずに一生懸命仕切っている姿を見たら、意中の相手もあなたに好意を持ってくれるかもしれませんね。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク