社内恋愛と働くを両立する相応しいファッションとは

MENU

社内恋愛と働くを両立する相応しいファッションとは

スポンサーリンク

 

会社に通う手段として多くの人はバスや電車を乗り継いで通勤していることと思います。
通勤ラッシュで車内が混み合いますので、せっかく身だしなみをきっちりして出かけても、会社についた頃にはもうボロボロなんて経験は誰にでもあると思います。

 

そうなると「毎日どうせ電車でもみくちゃにされるんだから適当な服装でいいや」なんて思う人もいるかも知れませんね。
確かにその気持ちはわかりますが、やはり見た目はとても大事なんじゃないでしょうか。

 

朝一番に「おはようございます」と言って出社した時に毎日同じような服ばかり着ていると、なんだか冴えない人だな~と思われてしまいます。
ましてや社内に気になる相手がいる場合なら尚更きちんとしておきたいものです。

 

エレベーターに乗る前に崩れたヘアースタイルや服装をチェックして、ササッと整えるくらいならすぐに出来るはずですので、「楽チン」な服ばかり着ないで、少しは見た目に気を遣いましょう。

スポンサーリンク

 

社内で働くにはどんなファッションが相応しいか考えて服を選ぶ必要があります。
アパレルや美容関係などの比較的華やかな職業ではない限り、一般の企業で働くにはそれなりの服装というものがあります。

 

 

一般事務と言えども、重たい紙の資料を運んだり色々と体を動かす仕事もありますので、ある程度動きやすい服装でないといけません。
来客の際にお茶を出したり、接客を担当する仕事の場合はあまり派手な服装は控えた方がいいです。

 

 

また営業マンの場合は、一昔前はほとんど皆同じような黒や濃紺のスーツといったスタイルでしたが、今はとてもオシャレなスーツやカッターシャツがありますよね。

 

ですから自分の好みで派手すぎないようにファッションを楽しむのが良いと思います。
昨日飲みに行って帰宅が遅くなったから、今日も昨日と同じカッターシャツなんてこともたまにはあるかも知れませんが、女性社員はよーく見てますよ!

 

だらしないと思われないように、いざという時の替えのシャツぐらいは社内に常備しておいた方がいいでしょう。

 

 

会社によっては制服が支給されているところもありますが、この制服は意外と要注意なんです。
中のブラウスは毎日替えても、スカートとベストなどの上着はたまにしか替えない人がほとんどだと思います。

 

だけど注意しておかないと、スカートのシワが凄いことになってたり、いつもボールペンを突っ込んでるベストのポケットに穴が空いていたりということもあります。

 

気づかないところで意中の相手からだらしない姿を見られていたらショックですよね。
会社って一日の大半を過ごす場所ですのでいちいち身なりに構ってられない時もありますが、社内恋愛をしたいと思っている人は出来るだけきちんとする努力をした方がいいでしょう。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク