社内恋愛で失恋した時の行動を事前に考える

MENU

社内恋愛で失恋した時の行動を事前に考える

スポンサーリンク

 

何才になっても好きな人を思う気持ちというのは、ドキドキワクワクさせてくれます。
その人のことを考えるだけで毎日が楽しくて、今日も頑張ろう!と思えるものですよね。

 

同じ会社に好きな相手がいたらどうでしょう?

 

毎日仕事に行くのが楽しくって仕方ないですよね。

 

満員電車に押し込まれて、普通なら苦痛なはずの通勤だって、好きな相手の顔を思い浮かべてるだけであっという間に会社に着いちゃいます。
出勤するやいなや意中の相手がもう出社しているかどうかチェックしに行ったりして、朝から一人でそわそわしてしまう・・・社内での片思いはとても楽しいものですよね。

 

 

こうやって片思いを一人で楽しんでいる間は問題無いのですが、次第に自分の方を振り向いてほしいと思うようになるのが普通ではないでしょうか。

 

そう思い始めると、今まで見てるだけで幸せだったのが、ちょっと自分の方からアプローチしてみようかなと思って相手に思い切って接近することもあると思います。

 

勿論それは悪いことではないですが、相手に拒否された場合のことも考えておかなければなりません。
アプローチしてみたものの、実は既にお付き合いしている人がいたとか自分のことはあまりタイプじゃない等の理由で断られた場合に、自分は理性を保つことができるのか一度考えてみるのです。

スポンサーリンク

 

もしも冷静でいられる自信が無いならどうなってしまうでしょう。

 

会社は当然のことながら仕事をする所ですので、振られたショックで仕事が手につかなくなったり、相手に対して普通に仕事上の話もできなくなったりすると非常にまずいことになってしまいます。

 

周囲の人だって異変に気づくでしょうし、そうなると益々会社にいづらくなって困るのは自分です。

 

 

社内恋愛に憧れるのはいいですがその恋が上手くいくとは限りませんよね。

 

片思いしている最中は自分にもチャンスがあるんじゃないかと思って、結構強引なアプローチを仕掛ける人もいるかも知れません。

 

でもダメだった時に後から自分の行動を振り返り「あんな事言ってしまってもう恥ずかしくて顔が合わせられない」なんてことにならないように、よく考えてアプローチする必要があるのです。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク