職場恋愛で片想いの上司・部下・先輩へ慎重にアプローチする方法

MENU

片想いの上司・部下・先輩へ慎重にアプローチ

スポンサーリンク

 

会社には、上司や部下、同僚や先輩など様々な人が働いていますが、その中で好きな相手が出来てしまったというのは良くある話ですよね。
いつも近くで仕事をしていて、気づけばいつしか好きになっていたなんて事は結構あります。

 

あるいは日中は営業で出かけていてそんなに顔を合わすことはないんだけど、たまに仕事のことなどで話をすると、すごく喋りやすい人で親近感が湧いてきていつの間にかその人のことばかり考えるようになっていたなんてこともありますよね。

 

 

そうなれば自然と相手に対して、自分の気持ちを伝えたい!この人とお付き合いしたい!と思うようになってきます。
だけどここは会社なので、猛烈にアプローチをかけると周囲の人に好きな相手のことがバレてしまいますので慎重に行動しなければなりません。

 

会社でたいした用事もないのに何かと理由をつけて相手の所にいって喋っていたり、やたらと視線を送ったりしては周囲に何を言われるかわかったもんじゃありません。

 

特に女性に気づかれた場合は、あっという間に社内に噂が広まってしまいます。
そうなればまだ告白もしていないのに、相手に自分が気があることがバレてしまいますし、ただの片想いの段階なのに「あの2人付き合ってるんだって」というデマが流れる可能性だってあります。

 

相手も好意を持ってくれてたらまだいいかも知れませんが、そうではない場合、相手にも迷惑がかかってしまいますよね。
噂を否定するのに必死になってしまって、仕事にも気が入らなくなってしまうかも知れません

スポンサーリンク

 

こんな事態にならないように、なるべく周囲にバレないようにアプローチする必要があります。

 

一見難しそうに思うかも知れませんが、会社ですので仕事にかこつけてみるのはどうでしょうか。
仕事のことで2人が色々と話していても誰も不思議に思わないですよね?

 

何でもいいので仕事のことでベタ褒めしましょう。

 

相手が営業なら、営業成績や新しい案件、トラブルの解決など何でもいいので「凄い!○○さん、尊敬します!」などのように敬う気持ちで褒めてあげて下さい。

 

仕事を褒められて嫌な気になる人はいませんので、相手もとても喜ぶし、周囲から疑われることもないですよね。
こうして周りに気づかれることなく近づいて行けば社内恋愛も上手くいくはずです。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク