職場での過剰のアピールはマイナス印象になる事も

MENU

職場での過剰なアピールはマイナス印象になる事も

スポンサーリンク

 

誰でも好きな相手ができると、その人から良く思われたい、自分は相手にとって必要な人間だと思われたいという気持ちになるのは当たり前のことだと思います。

 

その相手がもし自分と同じ会社で働く人だったら尚更そう思うのではないでしょうか?
何か困っている様子だったら出来ることなら手伝ってあげたいと思うでしょうし、辛そうだったら仕事で何があったのか聞き出して思う存分慰めてあげたいと思うでしょう。

 

片想いをしている人の役に立って、ちょっとでも自分の存在価値をアピールしたい気持ちはわかりますが、社内であまりにアピールしすぎると相手の立場が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

例えばその相手が、何かの仕事を誰かに頼もうとしている時に自分がしゃしゃり出てしまったらどうでしょうか?
自分はそれで満足かも知れませんが、本当は別に適任者がいてその人にしてほしい仕事だったとしたら?

 

 

それで上手くいった場合はまだいいですが、もしもその仕事でミスをしてしまったら元も子もないですよね。
役に立ちたいと思っていても、結果的には逆に迷惑をかけてしまう可能性もあるのです。

スポンサーリンク

 

そうなってしまった場合、その片想いの相手はあなたに対してどのような印象を持つでしょうか。
「出来もしないのにしゃしゃり出てきていったい何考えてるんだ」という風に、とても迷惑がられてしまうかも知れませんね。

 

 

一旦そう思われてしまうと、なかなか悪いイメージというのは改善しづらいので、社内恋愛へと発展させるのはかなり難しくなってしまいます。
ですので自分をアピールして相手に印象付けたい気持ちはわかりますが、やりすぎると失敗して、自分で自分の首を絞めることになるので注意をしましょう。

 

 

相手が困っていて誰か手伝ってあげれる人が居ない時なんかは、進んでしてあげるべきです。

 

ここで自分の存在をアピールしないのでは何も先へ進みません。

 

何でもかんでもするのではなく、ここぞという時にアピール出来るようになれば、社内恋愛に発展する可能性も大いにあるでしょう。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク