職場では人の視線を気にして行動する

MENU

職場では人の視線を気にして行動する

スポンサーリンク

 

同じ職場に片想いをしている相手がいると、毎日顔が見られるので楽しい気分で仕事ができますよね。
でも浮かれてばかりいてはいけません。

 

相手のことを考えているばかりで、ボーっとしていたり肝心の仕事に身が入らないなんてことがあっては元も子もありません。
同じ社内ということは、反対に自分も意中の相手からいつも見られているのですから、その事を頭において行動しなければいけません。

 

片想いの相手と直接話している時や側にいる時は、良く見られたいために細心の注意をはらって自分をアピールしているでしょうが、それ以外ではどうでしょうか。

 

自分のデスクで大あくびをしていたり、だらしない姿勢で椅子に仰け反って座りながら作業をしていたりといったことは無いでしょうか?

 

 

 

自分の視界に片想いの相手がいないからといっても、同じ社内、どこから見られているかわからないものです。
またその場に意中の相手がいなかったとしても、普段からだらしない態度をとっていたら社内の噂になって、きっと相手の耳にもその噂が入るでしょう。

スポンサーリンク

 

そうなると「自分といる時はそんな感じはないけど、本当は意外とルーズなのかな」と思われても仕方がないですよね。

 

とにかく社内恋愛をしたいのであれば、意中の相手に見られていない時でも、きちんとしておくべきです。

 

いつ誰が見ても「○○さんっていつもちゃんとしてるよね」と言われるようにしておけば、社内で良い評判が広がって、実際その場にいなかった意中の相手にも良い印象を与えることができるのです。

 

 

自分が見る立場を変えてみるとよくわかるのではないでしょうか。
同じ社内に外面だけはいいけど実際は全然イケてない人っていますよね。

 

自分の都合のいい時だけやる気を出してやたら張り切って仕事するくせに、関心のない事柄に対しては手の平を返したように何もしないような人とか、社外と社内では態度が全然違う人とか・・・。

 

そんな同僚もしくは上司を見たときに「ほんと外面だけ良くて全然使えない人」と思うはずです。

 

ですので社内恋愛をしたいのであれば、普段から真面目に仕事に取り組んで、いつ誰が見ても「きちんとした人」という印象を与えるように努力しましょう。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク