好きになった相手が社内恋愛をしないタイプだった

MENU

好きになった相手が社内恋愛をしないタイプだった

スポンサーリンク

 

恋愛には色々な出会いのパターンがあります。
昔からの知り合いだったのがいつしか気になる存在になったり、友人の紹介や合コンなどで知り合ったりと人によって様々ですね。

 

 

社会人になって会社勤めをするようになると、社内恋愛を始める人も多いものです。
毎日顔を合わす社内の人とは気心が知れているので、次第に恋愛へと発展することは珍しくもありません。

 

しかし同じ会社で片想いをしている相手が、社内恋愛は絶対にしないと言っていたらどうしますか?

 

確かに社内恋愛をしているといい事もありますが、色々と不都合な点があるのも事実です。
周りの人に勝手な憶測で根拠のない噂をたてられたり、やっかみの目で見られたりと仕事に集中できないことも多々あります。

 

この様な理由から、できれば社内恋愛はしたくないと思っている人も結構いるものです。

スポンサーリンク

 

意中の相手が社内恋愛はしたくないと言ってるのを聞いてしまうと、もうお付き合いできる可能性がゼロになってしまったように感じてガッカリしてしまいますよね。

 

特に女性から男性に想いを寄せている場合は、なかなか積極的になれずに普段から悩んでいる人も多いと思います。

 

でも相手が社内恋愛に消極的だとしても、一度様子を伺ってみる意味でアプローチをかけてみてはどうでしょうか?
表面的には嫌だと言っていても、いざそういう状況に出くわすと意外と相手もまんざらではない態度をとるかも知れません。

 

 

それにはまず、意中の相手が自分に対して少しでも好意を持っているかどうか確かめる必要があります。
全く何の関心もないのにいきなり接近しても、鬱陶しがられて冷たくあしらわれるだけです。

 

残業のついでにちょっと食事に誘ってみるのもいいですし、映画の券などあればそれを利用して、友人にドタキャンされたからなど理由をつけて誘ってみましょう。

 

もしも誘いに乗ってくれれば少なくとも嫌がられてはいないはずですので、徐々に2人の距離を縮めていければいいと思います。

 

そうこうしている内に、社内恋愛はしたくないと言っていても相手の気持ちも変わってくるかも知れませんので、最初から諦める必要はありません。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク