好きな人に男性らしさ・女性らしさを強調してみる

MENU

男性らしさ・女性らしさを強調して好きな人にアピール

スポンサーリンク

 

社内で気になる相手がいるとしたら、何とかして特別な関係になりたいと誰もが思うことでしょう。
しかし自分の他にも大勢の同僚がいる場合は、その中でいかに自分を相手にアピールするかが社内恋愛の成功の鍵となります。

 

でもいくらそうとは分かっていても、実際には自分だけ見てもらうためにどの様なアピールをすればいいかなんて具体的にはわからないものです。
では異性を意識する時ってどういう時だと思いますか?

 

自分が女性であれば言動が男らしい男性に異性を感じ、逆であればしぐさなどが女性らしい人に異性を感じるはずです。
社内に片想いをしている相手がいるなら、男性らしさ・女性らしさを強調して自分をアピールしてみてはどうでしょうか。

 

 

男性の場合だと、女性社員が重たい書類などを運んでいるのを見かけたら、手を貸してあげたりすると「さすが男の人だな~。力強さを感じるわ」という具合に好意をもってくれるようになるでしょう。

 

このように力仕事を手伝ってあげたり、高いところの物を降ろしてあげたりといった作業は、男性らしさを存分にアピールする事ができますよね。

 

あと接客業なんかで女性だと思ってなめられてるような場合、男性がサッと間に入ってバシっと丸く収めてあげれば、きっと尊敬の目で見られるようになって好意を持ってくれるかも知れません。

スポンサーリンク

 

女性の場合だと、男性に対していかに自分が女性らしいかという所をアピールする必要があります。

 

外見やしぐさなどもアピールポイントの一つではありますが、それだけだったら自分じゃなくて他の同僚も色々と持っていますね。

 

ですのでここは内面で勝負してみましょう。

 

 

社内では仕事は勿論ですが、それ以外の面でも周囲に配慮ができる女性というのがとても高評価を得ることができます。
自分だけではなく、周りの人にも気持ちよく仕事をしてもえるような配慮ができる女性ということです。

 

例えばよくあるお茶くみなんかもそれにあたると思います。

 

最近では女性も男性も、自分の飲み物くらいは自分で入れるという会社が多いかも知れませんが、ちょっと残業などで忙しそうにしている相手にはそっとコーヒーでも入れてあげましょう。

 

自分の為にわざわざ入れてくれたと思うだけで、かなり見る目が変わってくるはずです。

 

 

このように自分の性別を意識して、それを強調するように心がけることで社内恋愛に少しずつ近づいていくのです。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク