親しくなってもメールでのプライベートなやり取りはNG

MENU

親しくなってもメールでのプライベートなやり取りはNG

スポンサーリンク

 

会社で働いていると、社内でいつしか好きな人ができていたなんてことは誰にでもあります。
そこで何とかアプローチして相手に近づき、やっと親しい関係になれたらめちゃくちゃ嬉しいですよね。

 

前からずーっと気になっていた片想いの相手がやっと自分の方に振り向いてくれた訳だから、毎日がバラ色で会社に行くのも楽しくってしょうがないと思います。

 

仕事中でも相手のことが気になって、ちょっとしたことでいちいち相手の携帯にメールを送ってしまったりしていませんか?

 

いくらやっとの思いで手に入れた意中の相手だからと言って、社内で頻繁にメールのやり取りをするのは少し考えものですね。
社内恋愛をする上で気をつけなければいけないことは沢山ありますが、まず第一に会社は仕事をする場所だということを強く認識するべきです。

スポンサーリンク

 

考えてもみて下さい。
会議の最中で込み入った話をしている時や接客の最中、取引先と電話をしている最中などに頻繁に携帯にメールが入ってきたらどうでしょうか?

 

きっと仕事に集中できなくなってしまいますよね。

 

別に忙しかったら気にしないで後で見ればいいじゃないと思うかも知れませんが、受け取った立場としては、メールが入るとやはり気になるものです。

 

こんなことばかりしていると、自分の大事な人が仕事でトラブルを起こしてしまう可能性もあります。
相手のことが好きなあまり、仕事中もやり取りしたいのはわからないでもないですが、逆に好きな人をダメにしてしまうこともあるので絶対にやめた方がいいです。

 

社内で連絡を取るときは、伝えたいことがあるからといって一方的にメールするのではなく、相手の立場をまず考えてあげるようにしましょう。

 

 

それに仕事中に携帯ばっかりいじっていては、周囲の人にも「ちゃんと仕事してんの?誰にそんなにメールしてるの?」という目で見られて、上司からも目をつけられてしまうかもしれません。

 

しかも会社から支給されている携帯の場合だと、会社からの貸与物なので仕事以外のプライベートな内容をやり取りしていては常識的に考えるとやはりまずいですね。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク