社内メールでのアピールにはコツが必要

MENU

社内メールでアピールにはコツが必要

スポンサーリンク

 

人とコミュニケーションをとる方法として電話やメール、直接話すなどが挙げられますが時と場合によってツールを使い分ける必要があります。
最近では携帯電話やスマートフォンの普及によってほとんどの連絡をメールで取る人が多くなってきてるのではないでしょうか。

 

直接かける電話とは違って、メールだと時間や相手の状況をさほど気にすることなく用事が伝えられるのでとても便利ですよね。

 

でも同じ会社で片想いをしている相手がいるけれどその人のプライベートのメアドを知らない場合は、こちらからアプローチを掛けようと思うと直接喋りかけるしかないと思って躊躇していませんか?

 

 

 

そういう場合は会社の社内メールを上手に利用してみてはどうでしょうか。
ただ社内メールの場合は、送信した相手だけじゃなく他の社員でも見ようと思えば見れる状況にありますので、送る文面に注意する必要があります。

 

プライベートな内容丸出しの文面だと万が一誰か他の社員に見られてしまった場合、自分が恥ずかしい思いをするだけではなく片想いをしている相手にも迷惑を掛けてしまうことになります。

 

それに相手も開いたメールを見てみたら、全く仕事と関係のない内容だったらあなたに対して不信感を抱いてしまう可能性が高いです。
社内メールですので内容はあくまでも仕事に関連したもので無ければなりません。

スポンサーリンク

 

例えば片想いの相手を何とかして食事に誘いたいと思っているなら「仕事のことでちょっと相談があるんだけど、他の人に聞かれたくないので一度2人で時間取れませんか?」という具合に社内メールを送ってみてはどうでしょうか。

 

これを見た相手はもしかしたらあなたのアプローチに感づくかも知れませんが、内容としては決して変ではありません。
自分に気があるのかもしれないけど本当に仕事の相談もあって誘われてるんだろうなと思うのではないでしょうか。

 

その上で誘いに乗ってきてくれたなら、これから社内恋愛に発展する可能性は結構高いですよね。

 

もしもメールを見ても何も返信がなかったり相手が迷惑そうにしている様子が伺えたなら、その時点ですぐに諦めましょう。
社内メールですのでしつこくすると相手に「常識のない人だな」と思われてしまうかも知れませんので注意が必要です。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク