職場恋愛の相手に仕事ぶりと休憩時間のギャップで興味を持たせる

MENU

仕事ぶりと休憩時間のギャップで興味を持たせる

スポンサーリンク

 

同じ会社に片想いの相手がいると毎日その人の色々な面が見れて嬉しいものですよね。
電話してる姿や打ち合わせ中の真剣な表情、パソコンを打っているところや同僚と談笑している姿など様々な面を見れてドキドキしてしまいます。

 

社内に好きな相手がいる場合は、一生懸命に仕事に打ち込んでいる姿を見ることが出来るというのが最大のメリットではないでしょうか。
だからと言って相手の姿を追いかけてばかりでボーっとしていてはいけません。

 

 

同じ職場という事は、同じように自分の仕事ぶりも片想いの相手に見られているということです。
ですので会社にいる間は真剣に仕事に集中していないと、どんな姿を相手に見られているかわかりません。

 

仕事に集中せずにしょっちゅう席を離れていたり、やたらと携帯をいじっていたりなどしていては、会社に何しに来てるんだと思われてもしょうがないですよね。

 

考え方によっては、一生懸命仕事をしている姿を見てもらえるというのは同じ会社で働く特権の様なものだと思いませんか?
ですので真面目に取り組む姿を見てもらえたら、好感度がグッとアップするはずです。

スポンサーリンク

 

そして昼のランチタイムやちょっとした休憩時間には、思い切りリラックスした姿を見せると良いと思います。

 

仕事中とそれ以外のギャップを見てもらうのです。
普段仕事をしている間は黙々と怖いぐらいに集中しているけど、一旦仕事から離れると人が変わったみたいに明るく気さくな感じだと相手もそのギャップが新鮮に感じます。

 

そうすると興味が湧いてきて、相手の方から話しかけてくれるかも知れませんね。
「人はギャップに弱い」なんて話をよく聞きますが本当にそうだと思います。

 

いつ見ても同じようなテンションで「こういう性格の人」という風に分かり易いのも勿論魅力ではあります。
でも普段見ている姿から自分が思ってた感じとまた違う面が見えたら「あれ?こんなトコもあるんだ。以外だな」と思って、もしかしたら想像とはちょっと違う人なのかもという興味が湧いてきます。

 

ギャップを見せることで、まずは自分に興味を持ってもらうことから始めれば社内恋愛へ一歩近づけるのでは無いでしょうか。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク