会話の流れでプライベートな話題を聞き出してみる

MENU

会話の流れでプライベートな話題を聞き出してみる

スポンサーリンク

 

同じ職場に片想いの相手がいると、せっかく近くにいるのだからなんとかして話す機会がほしいと思いますよね?
勿論会社なので仕事のことについては話をする機会はたくさんあると思いますが、仕事の話ばかりしていても社内恋愛に発展する可能性はとても少ないのが現実です。

 

それだけじゃなくてもっと色々な話をして、プライベートな内容も知りたいと思うのが当然ですよね。
でも現実的にはやはり一番の共通の話題である仕事関係の話をたくさんする事から始めるのが無難ではないでしょうか。

 

 

少しでも早く親しい間柄になりたいのはわかりますが、だからと言って仕事中にいきなりプライベートな話題をもってきても相手も困ってしまうかも知れませんよね。

スポンサーリンク

 

相手も自分に対して少しでも気があるようなら、思い切ってプライベートな話もいいかも知れません。
でもまだ相手の気持ちが全然分からない場合は、最初は仕事の話でもいいからとにかく多く話す機会を作ることの方が大切なのです。

 

何か仕事のことで相談するのもいいですし、書類の作成やパソコンの入力など直接作業を教えて貰えるような相談なら尚いいと思います。
社内で関わる時間を多く持つようになれば、最初は仕事の話だけでもその内横道にそれて、自然と色々な会話に発展していくものです。

 

 

 

そうなれば徐々に仕事以外の話も頻繁に出来るようになってきます。
昨日観たテレビ番組の話や今朝のニュースの話題など、身近なところにいくらでも世間話のネタはありますよね。

 

こうして仕事以外の話も色々と違和感なく普通に出来るようになってきたら、さりげなく食事に誘ってみるのもいいかも知れません。
最近会社の帰り道に気になる店ができたんだけど知ってる?みたいな感じで、あくまでもさりげなく誘ってみるのがお勧めです。

 

会社帰りに通る場所だし一度他の社員も誘って行ってみようかという風に話をもっていければしめたものではないでしょうか。
このように徐々に自分の存在をアピールしていけば自然な形で無理なく片想いの相手に近づくことができますね。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク