片思いの女性にメールアドレスを聞くベストタイミングとは

MENU

片思いの女性にメールアドレスを聞くベストタイミングとは

スポンサーリンク

 

同じ会社に気になる相手がいる場合、仕事上で色々と話す機会があれば次第に打ち解けていくと思います。

 

その内次第に相手も自分に気を許してくれるようになって、以前と比べればだいぶ2人の仲は接近するのではないでしょうか。
このようにアプローチしていってまずまず手応えが感じられるようになれば、今度は相手のプライベートのメアドを何とかして聞き出したくなるものです。

 

 

しかしよく話すようになったと言っても社内ですので、どうしても仕事関連の話題が中心となってしまいます。
そうすると中々相手のメアドを聞くタイミングって難しいですよね。

 

仕事の話をしてるのに急にプライベートな話題に切り替えるのはちょっと無理があります。
もしかしたら相手も自分に少し好意を持っていて、実はメアドの交換をしたいと思っているかも知れません。

 

そういった場合は双方にその気があるのだから一見スムーズに交換できそうに思いますが、やはり会社内ですので誰に見られているかわかりませんよね。

 

社内恋愛を進める場合はかなり慎重にやり取りする必要があります。

スポンサーリンク

 

意中の相手が女性の場合、なおさら個人のメアドは聞きにくいのではないでしょうか?
仕事関係のことなら社内メールを使うのが当たり前ですし、個人的に女性のメアドを尋ねる機会は社内ではあまり無さそうですよね。

 

やはり仕事から離れないとプライベートな話題へと進みにくいので、仕事を手伝ってもらったお礼だとか理由をつけて食事などに誘ってみることをお勧めします。

 

2人きりが気まずかったら、社内の人を数人誘って飲み会という形で行けば話も途切れることなく程よく盛り上がっていいのではないでしょうか。

 

 

飲み会の席だとリラックスして喋れるので、トイレなどで席を立った時などにスっと自分のメアドを渡せばいいでしょう。
相手から聞き出そうと思うとやり取りする手間がかかるので、あらかじめメモ書きしておいた自分のメアドを渡すことをお勧めします。

 

相手がもしメアドを教えたくないと思っていた場合、直接聞いてしまったら相手も断りづらいですよね?
その点自分の方から渡しておけば相手もプレッシャーを感じることなく受け取ってくれるはずです。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク