男女で違う!ダメアプローチはマイナス効果!

MENU

男女で違う!ダメアプローチはマイナス効果!

スポンサーリンク

 

好きな相手が出来た場合、男性と女性ではアプローチの仕方に違いがあります。

 

女性はどちらかと言えば、自分からは積極的にアプローチ出来ない人が多いですが、男性の場合は支配力が強いので「すぐにでも自分の物にしたい」という気持ちになって、積極的に行動を起こす人が多いようです。

 

半ば強引にアプローチを仕掛けるのも男性の魅力の一つではあります。

 

しかし片想いの相手が同じ社内にいる場合は、アプローチの方法を慎重に考えた方が良さそうです。
社内恋愛の場合、ダメであっても上手くいったとしても噂話のネタになります。

 

 

 

周囲の人はよく見ていますので、片想いの相手に対する自分の言動には細心の注意を払う必要があります。
それを怠ってしまうと、社内での自分の立場にも影響しかねません。

 

誰の目から見てもわかるくらい、意中の相手の気を惹くことに必死になるのはやめましょう。
仕事をする会社でこのようなアプローチをしていると、周りで見ている方は本当にいい気がしません。

 

本来の仕事に身が入らず、女性を追っかけまわしてるような男性というレッテルを貼られて、いったい何しに会社に来てるんだという噂がたってしまいます。

 

噂が広がるのは早いですので、あっという間に上司の耳にも入り、知らないところで自分の評価がガタ落ちになってしまうことだって有り得ます。

スポンサーリンク

 

あと会社と言えば、色々な節目に合わせて飲み会も多く企画されますね。
新人歓迎会や忘年会などお酒を飲む機会は年に数回は必ずあるでしょう。

 

このような飲み会は、気になる相手に近づく絶好のチャンスですが、気をつけなければならない点があります。

 

意中の女性を目の前にお酒を飲んで嬉しい気持ちはわかりますが、飲みすぎて完全に泥酔状態になってしまってはダメです。
お酒の度が過ぎると、その場で好きな女性に絡んでしまったり食べ物や飲み物をこぼしたり、やたらと馴れ馴れしく相手の手を握ったりしてしまう可能性がありますよね。

 

自分は翌日何も覚えてないかも知れませんが、ほろ酔いの周囲はよく覚えていますし、ましてや片想いの相手はドン引きしてしまっているはずです。

 

このようにやり方を間違うと、自分の印象や会社での立場が悪くなってしまいますので、社内でのアプローチは慎重にするべきなのです。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク