どんな内容のメールを送れば親しくなれるか

MENU

どんな内容のメールを送れば親しくなれるか

スポンサーリンク

 

やっと片想いの相手の連絡先がわかったら早速メールを送りたいと思う人は多いでしょうね。

 

社内では思うように話せないし、その点メールならいつでも自分の思ったことを相手に伝えることができるので、社内恋愛をする上ではとても便利なツールだと言えます。

 

 

気になる相手に一番最初に送るメールって、どんな内容にすれば自然な感じになるのか迷う人も多いのではないでしょうか。
もちろん「好きだ」という想いを伝えたいのはわかりますが、まさか最初のメールでいきなりストレートに告白するのは無謀というものですよね。

 

受け取った相手も、最初にきたメールがこんな内容だとビックリしてきっと引いてしまうでしょう。
自分の想いを伝えるのは、もっと親しくなって二人きりで頻繁に会うようになってからにするのがベターです。

スポンサーリンク

 

まずは2人の共通の話題があれば、それをネタにするのが自然な感じでいいのではないでしょうか。
同じ職場なので仕事上の事ならいくらでも話のネタはあると思います。

 

例えば「今日の会議いつにも増して大変だったみたいね。どうだったの?ちょっと気になったからメールしてみました」みたいな感じで、相手に問いかけるような内容だといいと思います。

 

こちらの状況だけ一方的に報告しても、それに対してどの様に返信していいか相手が戸惑ってしまうこともあります。
でも上記のように問いかけるような内容だと、受け取った相手も返事が書きやすいですよね。

 

問いかけると言ってもなるべく自然な感じで、相手が負担に思わない内容にすることが大切です。
あまりにも込み入った内容だと、受け取った相手もわざわざメールで返信するのが億劫になってしまいますので注意が必要です。

 

 

仕事とは関係の無い話題でメールをするなら、やはり食事の誘いが一番自然だと思います。
メアドを教えてくれたのなら、少なくとも自分に好意は持ってくれているはずです。

 

「会社から少し離れた場所に以前から雰囲気が良さそうな店があるんだけど、良かったら都合のいい時に一緒に行ってくれませんか?」という具合に、ちょっと控えめにメールで誘ってみるのもいいかも知れませんね。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク