社内恋愛は恋人と話し合ってルールを決めることが重要

MENU

社内恋愛は恋人と話し合ってルールを決めることが重要

スポンサーリンク

 

同じ会社で気になっている異性がいると、どうにかして自分の方に振り向いてもらおうと色々とアタックを仕掛けるものです。
努力の甲斐あって社内恋愛へと発展したらとても嬉しいですよね。

 

このように社内でのお付き合いが始まると、一日中一緒に働いているのでお互いの態度や雰囲気で、自分たちが社内恋愛していることがすぐに他の社員にバレてしまうこともあると思います。

 

 

社内恋愛をすることになったら、まず2人で今後の方針についてよく話をした方がいいと思います。
いきなり会社でおおっぴらに付き合っていることを豪語するカップルはいないと思いますが、一部の同僚に打ち明けるのか一切誰にも言わず隠し通していくのかをきちんと決める必要があるのではないでしょうか。

 

社内恋愛の場合は仕事のことも考えておかないといけません。

 

付き合っていることを他の社員が知っているのと知らないのとでは、仕事に大きく影響がでてきますよね?

 

自分たちのプライベートな感情で、周囲の人が振り回されて仕事に悪影響が出ることを避けたいと思うなら、ここはやはり誰にも言わずに交際をするのがベストでしょう。

 

社内恋愛がバレないようにするため、2人で具体的な取り決めをしておくといいのではないでしょうか?

 

仕事で必要な時以外はなるべく2人きりにならないとか、社内で頻繁にメールをしないなど、注意しなければならない点はたくさんあると思います。

スポンサーリンク

 

わかり易い例を挙げると、付き合うことになった途端に2人がやたら馴れ馴れしくなってしまうことです。
当人たちにとってはそれは普通のことかも知れませんが、事情を知らない他の社員から見れば明らかに変だと感じるはずです。

 

名前を呼ぶ時も、今までは苗字で呼んでいたのに急に下の名前で呼び合うようになるカップルもいます。
これではいくら鈍感な社員が見てもバレバレですよね?

 

社内恋愛をする場合は、今までと何の変わりもなく接することが一番のポイントとなりますので、急にベタベタしたり呼び名を変えたりするのは一番してはいけないことです。

 

 

あと2人の間に仕事上で上下関係がある場合も同様です。

 

今までは上司に対して敬語を使っていたのに、急にタメ口とまでは行かないまでも、馴れ馴れしい話し方をしていては周囲も不審に思いますよね?

 

このように会社でのお互いの立場をよく考えた上で、2人で相談して絶対にしてはいけない取り決めを決めておくと、長く社内恋愛が続けられます。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク