絶対に社内でペアの物を身に着けないのが鉄則

MENU

絶対社内でペアの物を身に着けない

スポンサーリンク

 

付き合っている人がいる時は、全てのことを好きな相手と共有したいという気持ちが強くなるものですよね。
いつも同じものを見て同じことを感じて、同じものを身につけるということで、より一層2人は固い絆で結ばれているんだという感情になるのでしょう。

 

一番わかりやすいものでは、服装のペアルックやお揃いのアクセサリーをつけるなど、カップルなら必ずしているのではないでしょうか。
ペアルックとまでは行かなくても、指輪や携帯ストラップやキーケースなどは誰でも気軽にお揃いを楽しむことが出来ますよね。

 

 

 

でも付き合っている相手が同じ会社の人だったらどうでしょうか?
お揃いの物を身につけていることで、社内恋愛が周囲にバレてしまうケースはとても多いのです。

 

出勤したら携帯やちょっとした小物が入ったポーチなど、自分のデスクの片隅に置いて仕事をする人は多いですよね。
携帯やキーホルダーなど無防備に置かれている物は、他の社員も自然と毎日目にすることになります。

 

それがある時、違う人のデスクにも同じような物がポンっと置いてあったらどうでしょう。

 

「あれ?これって誰かも全く同じようなの持ってなかったっけ?」と言うことになりますよね?
こういうことから2人の関係がバレてしまいます。

スポンサーリンク

 

でも同じ物を持っていたからと言って、自分たちが付き合ってるという証拠にはならないかも知れません。

 

人気の流行りものだと、たまたま複数の人が持っていることも同じ社内ではあり得ると思います。

 

でも問題なのは、それが証拠になるかどうかではなくて、疑いの目で見られると言うことが問題なのです。

 

 

職場恋愛を長く続けていくコツは、2人が付き合ってるという空気を周囲に全く感じさせないことです。
ただの偶然のお揃いの物一つにしても、「怪しい」と思われてしまっては、今後の自分達の様子を観察されてしまうようになります。

 

そうなれば仕事の話をしているだけでも、いちいちと変な疑いをかけられたり、2人の行動を探っているうちにデート現場を目撃されたりする可能性もあります。

 

ですのでペアで身につける物は社内では控えた方がいいでしょう。
一緒の職場で顔を見れるだけでも、十分幸せですよね。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク