【男性編】同僚の彼女と初めてのデートで気を付けること

MENU

【男性編】同僚の彼女と初めてのデートで気を付けること

スポンサーリンク

 

毎日働く職場で以前からいいな~と思っていた相手がいる場合、どうにかして付き合ってほしいなと思うものです。
そこで色々とアプローチを仕掛けて、やっとの思いで初デートにこぎつけたとしたら、嬉しさもひとしおですよね。

 

初デートは誰でも凄く緊張するものです。

 

何処に行こうか、食事はどの店を予約しようか、どんな会話をしようかなど計画しなければいけないことは山ほどあります。
デートを進めるのに必死なだけではいけません。

 

相手が楽しんでいるかどうかきちんと空気を読み取る必要もあるので、初デートは今後もお付き合いできるかどうかが決まる大切なイベントです。

 

 

相手にもよるかも知れませんが、初デートの場合はやはり男性が大まかな計画を立てておくのが良いと思います。
今までそういった経験があまり無いのなら、恋人を持つ友人にどんなスポットが初デートにお勧めなのか相談するのもいいのではないでしょうか。

 

もしもデートの相手が行ってみたい所があるのなら、勿論相手の意見を尊重して、デートコースを計画するべきですね。
その場所が一日中楽しめるような場所なら、後は食事する店を決めるだけでいいかも知れません。

スポンサーリンク

 

でもそんなに時間が掛からず数時間いれば十分な場所なら、その後のコースは男性である自分が考えた方がいいでしょう。
デートで一番ダメなのが、「次は何処に行く?どうする?」という風に、行き先が決まらないままブラブラすることです。

 

既に付き合いが長いカップルなら、こういうことは良くあるかも知れません。
でも初デートがこれでは、相手も「最初なのに何の計画もないんだ」と、呆れてしまう可能性もあります。

 

 

あと天気の状況などで、行き先を変えなければならない時もあるかも知れません。
こういう時の為に、晴れならココ、雨ならココという風にあらかじめ何パターンか考えておけば安心ですよね。

 

急な天候の変化で相手が戸惑っている時、いいとこあるからそっちにしようと言ってあげれば、頼りがいのある男性だなと思われてかなりのポイントアップになるのではないでしょうか。

 

 

楽しくデートをした翌日は初デートが大成功して気持ちもかなり高ぶっているかも知れません。
だからと言って仕事中にボーっとしないように注意が必要です。

 

せっかくいいデートをしても、仕事がちゃんと出来ない男性は女性から見て何の魅力も感じません。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク