交際相手とケンカしても職場に険悪なムードも持ち込まない

MENU

交際相手とケンカしても職場に険悪なムードも持ち込まない

スポンサーリンク

 

恋人同士ならどんなカップルでも必ずケンカをすることはありますよね?
普段仲が良い時はいいですが、一旦ケンカになってしまうと中々思い通りに解決せずに憂鬱になってしまうものです。

 

もしも社内恋愛をしている場合、この憂鬱は相当なものになってしまうのではないでしょうか。
ケンカして、もう相手の顔なんて見たくない!と思っているのに、同じ職場で顔を合わせて一緒に仕事をしなければならないのですから、本当に最悪ですよね。

 

こんな時には、社内恋愛なんてするんじゃなかったと思ってしまうかも知れません。

 

 

しかしプライベートで何が起きても、それを職場に持ち込むことはタブーとされています。
勿論わかってはいるけれど、そう簡単に切り替えができる人はかなり少ないかも知れません。

 

交際相手とは部署やフロアーが違っていて、そんなに顔を合わせずに済むならちょっとはマシでしょう。
でも仕事上の関わりが深く、打ち合わせなども一緒にしなければならないとしたら、かなり気まずい雰囲気になってしまいます。

スポンサーリンク

 

他の社員もいますので、明らかに嫌悪感を表すことは無いにしても、多少はムッとした表情になってしまうこともあります。
そうすると2人の様子がおかしいことに気づく社員も出てくるかも知れません。

 

 

だけどまずは仕事のことを最優先に考えないとダメですよね。
他の社員にしたら何ら関係のないことです。

 

プライベートで起こったことが原因で職場の雰囲気を悪くしてしまっては、周囲の人から苦情が出てくるかも知れません。
直接言ってくれればまだ良いですが、2人が居ないところで色々と勝手な憶測で文句を言われてしまうことにもなりかねません。

 

 

難しいですが、ケンカの最中であっても仕事中ははっきりとケジメをつけて、いつも通りに仕事をこなすようにしましょう。
「ケンカの続きはまた今度」と互いに割り切って気持ちを切り替える必要があります。

 

それさえ徹底しておけば、無理にでも仕事中は普通に相手と言葉を交わす事になります。
そうしている内に、お互いの気持ちがほぐれていくという事もあるかも知れません。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク