会社内の人には結婚するまで好評しない方がいい

MENU

会社内の人には結婚するまで好評しない方がいい

スポンサーリンク

 

同じ会社で以前から気になっていた憧れの相手と付き合えるようになったら、誰だって嬉しさのあまりこの話を誰かにしたい!と思うでしょう。

 

もしもその交際相手が社内でとても人気のある人なら尚更、自分が付き合ってるんだよって周りの同僚とかに自慢したくなってしまうのではないでしょうか。

 

顔もよくてスタイルも抜群、仕事も出来て人気者とくれば、そんな相手が自分の恋人だってことを黙っておくなんて、まるで拷問みたいですよね。

 

 

誰かに話したいという欲望に負けてしまい、社内の親しい同僚に付き合ってることを喋ってしまうこともあるかも知れません。
でも社内恋愛していることを話すのは、具体的に結婚が決まるなど話が固まる時まで待ったほうがいいでしょう。

 

付き合い始めの頃はお互いに新鮮な気持ちでいっぱいですよね?
そのため自分たちの付き合いはずっと永遠に続くものだと思い込んでいるものです。

 

でも実際にはある程度の期間が経過すると、マンネリにもなるしつまらないことが原因でケンカが絶えない時期もあります。
それでもやっぱり、互いを必要としていて付き合っていけば結婚ということになるカップルもいるでしょう。

スポンサーリンク

 

しかしほとんど場合は、残念ながら別れてしまうことが多いです。

 

社内恋愛の場合は、このように別れてしまうかもしれないことも頭に入れておかなければなりません。
早々に周りの同僚に打ち明けてしまっても、その後すぐに別れてしまったのでは惨めな思いをするだけですよね。

 

 

会社とは関係の無い社外の友人であれば、社内恋愛のことを打ち明けてもいいと思います。
ただし打ち明けるのはごく親しい友人だけにして、会社でも言ってないから誰にも言わないでねとお願いしておくといいかも知れません。

 

その友人は直接会社とは無関係の人間でも、そのまた友人が会社の人と知り合いだという可能性も無くは無いですよね。
そうすると口止めをしていなかったら、ひょんなことから自分たちの交際が社内に知れ渡ってしまうかも知れません。

 

少し警戒しすぎな感じもしますが、もしも別れてしまった時に会社に居づらくならないためにも、結婚が決まるまでは会社には公表しない方がいいでしょう。

 

関連記事一覧

スポンサーリンク